友達の作り方。簡単な三つのコツ

このページをご覧になっているということは、あなたはきっと友達ができなくて悩んでおられるのでしょう。

私もそうでした。私の場合は、中学高校、大学、就職先のそれぞれで環境が一新されたので、毎回友達はゼロからのスタートでした。

私は、特段に明るいわけでも話がうまいわけでも積極性があるわけでもなかったので、普通にしていると全く友達ができませんでした。

そんな私が、今では交友関係で悩むことはなくなりました。なぜなら、友達の作り方がわかり、自然に実行できるようになったからです。

絶対に友達ができない人はいません。友達の作り方のコツを知れば、誰でも友達を作れるようになるのです。

私の話

まずは、私の友達がいなかったエピソードを話させてください。興味の無い方は飛ばしてくださって構いません/ _ ;

私は、中学の二年生の前半まで一人も友達がいませんでした。「昨日も話せなかった。」「今日も話せなかった。」と毎日後悔しながら生きていました。

中学に入ったばかりで、皆が初対面だった時に誰とも話さなかったので、それ以降はどんどんグループができて、より一層話しかけづらくなってしまったのです。

孤独だった私は、自分の何がいけないのか、どうしたら話せるようになるのか、悩みに悩み続けました。

「顔が怖いから誰も話したくないんだ」

「生まれつき暗い性格に生まれたから仕方ないんだ」

ネガティブな理由がどんどん湧き出てきます。

しかし、私は諦めませんでした。小学校の頃は少なくとも友達はいましたし、周りを見渡せば、私のように暗い人たちでも友達の一人や二人は持っていたのですから。

そして、ある日中学に入って初めての友達ができたのです。それは席替えした時にたまたま前の席にいた人でした。

彼も友達が少なく、休み時間はよく一人で座っていたのです。僕は勇気を出して声をかけてみました。話すきっかけがわからなかったので、思い出すだけで恥ずかしいですが、当時流行っていた、消しゴムを指で弾いて相手の消しゴムを机の上から落とすゲーム、通称「消しバト」をしないかと持ちかけてみました。

彼は僕に話しかけられて非常に驚いたようで、数秒の間があった後に、「いや…」と言っただけでこの話は終わってしまいました。

それでも、この一言がきっかけで彼とは少しづつ話すようになり、僕は初めての友達を作ったのです。友達作りのコツを掴んだ僕は、すこしづつ友達の輪を広げていくことができました。

大学に行くと知り合いは一人もいなくなりました。就職した時も同じです。

それでも、友達の作り方のコツを掴んだので、ボッチになることはもうありませんし、これからも無いと確信しています。

友達の作り方の三つのコツ

友達を作るための三つのコツをお伝えします。もし、一つでも当てはまるのがあれば、紙に書いたり、ブックマークに貼るなどして、いつでも見られるようにしてください。

意識し続けていれば、三つのコツが自然と実践できるようになるはずです。

①友達を選びすぎない

プライドが高い人にありがちですが、クラスや職場で中心にいる明るい人たちを見て、自分もその一因になれる器だと思い込んで、他の人間には目を向けない人がいます。

カーストでいう、二軍以下の人には話しかけようという気すらありません。

しかし、考えて見てください。今まで彼女の一人もできたこと無い人が突然佐々木希と付き合えるでしょうか。絶対に無理です。渡部さんのような様々な経験を積んできてレベルが高い人だけが付き合うことができるのです。

辛い現実を突きつけるようですが、友達作りにおいてあなたはまだレベル1です。経験値を貯めて、レベルをあげなければこちらから一軍たちと仲良くなることはできないのです。

二軍、三軍といえどいい人はたくさんいます。このカーストは単に友達の多さで作られているだけなので、友達は少なくても面白い人はたくさんいます。

選り好みせずにまずは身近な存在から話しかけてみてください。

②自分から声をかける

友達がいない人の特徴は、じっと黙って席に座ったまま、ただ話しかけられるのを待つところです。

逆に考えてみてください。あなたは、暗い顔で席にずっと座っている人に話しかけたいと思うでしょうか。そんなことは無いはずです。

どんなことでもいいので、自分から話しかけてください。

最初はあまり話が弾ないかもしれません。それでもいいのです。

自分から話しかけるのを繰り返していると、向こうもあなたが話したがっていることがわかって話しかけてくれるようになります。

常に何か話すチャンスを伺っていてください。

自分から話しかけること、これは友達を作るにあたって一番重要なことです。

③話す時は笑顔

自分から話しかけることができたら、次は話を続けることが次の関門です。

難しく考える必要はありません。

芸人のように面白おかしく漫談を繰り広げようなんて考えなくていいのです。

ただ、楽しそうに話してください。

たった一言二言の会話でも笑顔で楽しそうにしてください。

楽しい気持ちは相手に伝わり、相手もこの楽しい会話を続けたいと思ってくれるようになるはずです。

笑顔で話してくれることがわかれば、相手も話しかけやすくなって、あなたのリピーターになってくれるのです。

人と話す時に緊張して顔がこわばってしまうのであれば、家の鏡の前でイメージトレーニングをしてください。

鏡の前での笑顔トレーニングは、顔を商売道具にしている、役者やホストもやっていることなので恥ずかしがる必要はありません。

話す時は笑顔、これをしっかり意識してください。

まとめ

友達作りの三つのコツは、

  1. 友達を選びすぎない
  2. 自分から声をかける
  3. 話す時は笑顔

です。

これを読んで明日からすぐに変われる人は滅多にいないです。しかし、この三カ条を意識し続けていれば、必ずいつの日か変わった自分に気がつくはずです。

友達がいない自分をダメなんだと思うのではなく、日々ちょっとずつ前進していけばきっと大丈夫です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする