簡単かつ安全ににネットで友達を作る方法

一昔前までは、友達を作る方法は非常に限られていました。友達の友達を紹介してもらったり、人が集まる何らかの会に参加したりと自分の足を使って積極的に話しかけるしかありませんでした。

ネットが発達した今では、椅子に座って重い腰をあげなくても、スマホやPCの画面上で世界中の人と交流する事ができます。お互いの顔を知らなくても友達になれる面白い時代が来ているのに、ネットで友達作りをしないのはもったいないです。

今回は、ネットでの友達の作り方についてお教えします。

ネットで友達を作るメリットとデメリット

まずは、オンライン上で友達を作る事の是非を比較してみます。

ネットで友達を作るメリット

ネット上で友達を作ることはたくさんのメリットがあります。

  1. 自分の足を使わなくても交流できる
  2. オフラインで探すよりもたくさんの人と出会える
  3. 直接会わなくてもいいので、心理的障壁が低い

この三点がオンラインで友達を作るメリットです。

対面での会話が苦手だという人でも、ネット上であればリラックスしてコミュニケーションが取れるので、オフラインでの友達作りに苦労している人には特にオススメの方法です。

ネットで友達を作るデメリット

ネットで友達を作る事にはメリットはたくさんありますが、デメリットも存在します。

  1. 直接顔が見えないから不安
  2. 出会い目的の人がいる

この二つがオンラインで友達を作る際の注意点です。

顔が見えないというのは、メリットでもありデメリットでもあります。相手の素性がはっきりしないうちは、直接会うのは控えた方がいいです。

また、サイトによっては出会い目的で使っている気色悪い人もいます。特に女性は注意が必要です。

ネットで友達を作る方法

上記のメリットとデメリットを踏まえた上で、次はオンライン上で友達を作る方法をご紹介します。

①SNSで友達を作る

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービス(Social Network Service)の略で、日記やメッセージなどを通じて友人や知人・共通の趣味を持つ人達とオンライン上で繋がるサービスの事を指します。Twitter、Facebook、Instagram、Snapchat、Mixchannelなど様々ですが、その中でも新たな人と友達になりやすいサービスを厳選します。

mixi(ミクシィ)

難易度:☆

一昔前に流行ったSNSで、もともとは招待制だったのですが、需要の増加とともに誰でも登録できる方式になりました。簡単なプロフィールを登録して、自分の気になる趣味のコニュニティに参加してメンバーとコニュニケーションをとったり、日記を書いて共有することなどができます。

今では登録者は減っており、若者よりもアラウンド30がメインで使っている印象です。出会い目的も多いですが、新しい友達を作ることも全然できます。

コニュニティに参加するもよし、日記を見て直接アプローチするもよしです。オフ会も開かれており、初めて参加する人もたくさんいるので、友達作りのハードルは低いです。

Twitter

難易度:☆☆

Twitterは、本社のあるアメリカではユーザー層の減少で危機的状況に瀕していますが、日本では以前人気があります。使っている層は、老若男女幅広いです。

ツイッターで友達を作るコツは、たくさんツイートして、趣味が合いそうな人をたくさんフォローすることです。フォロワーとツイート数が少ないと、スパムアカウントと勘違いされてしまう可能性があります。

そして、特に気になった人にはダイレクトメッセージを送って一対一でのコミュニケーションに持ち込んでください。

注意点として、どのSNSでも一緒ですが、しつこく同じ人に絡まないようにしてください。対面では無い分、反応が帰ってこないこともよくあります。

Facebook

難易度:☆☆☆

Facebookは実名制のSNSです。Facebookで友達を作るのは、どちらかというともともと友達が多い人向けです。全く知らない人と知り合うのはあまり向いていません。

もともとの友達が多ければ、イベントの情報が回ってきて、そこに参加すれば出会うことは容易です。

それ以外の方法としては、筆者の場合はある日知らない人からpoke(挨拶的なもの。基本的には送られてくるとウザイ)が送られてきて、なんとなくpokeを送り返してみたらまたpokeが返ってきたのでまた返す…というのを繰り返しているうちにメッセージのやりとりから直接の出会いに発展したこともあります。ただし、この出会い方は稀です。

②友達募集掲示板で探す

LineやSkypeなどの友達募集掲示板から探す方法です。

難点としては、出会い目的の人が多いことです。Lineの掲示板は特に出会い目的が多いので、使うのであればSkepeの友達募集掲示板がいいでしょう。

Skypeの運営会社が作った掲示板では無いので、出会い厨や怪しいビジネス勧誘をしてくる人もたくさんいるので、危険だと思ったらすぐに切ることを心がけてください。

③ブログで友達を作る

ブログで友達を作る難易度はとても高く、根気がいります。ブログを書くことが好きな人が、いつのまにかブロガー同士で仲良くなることはありますが、友達を作るためにブログを作るのは遠回りすぎるので、他の方法を探した方がいいです。

ブログで友達を作るには、まず自分のブログを立ち上げて、更新し続けることです。そして、自分の好きなブロガーのサイトにコメントするなどして、自分の存在に気がついてもらいましょう。友達申請ができるブログサービスもあります。

まとめ

ネットで友達を作ることは、顔が見えなかったり出会い目的で絡んでくる人が時々いるというデメリットもありますが、直接合わなくても住んでいる地域に関係なく世界中の人と仲良くなれるというメリットがあるので、是非利用した方がいいです。

ネット上での友達を作る一番オススメの方法はSNSです。出会い目的も少なく、ハードルも低いので、mixiやTwitterを是非使ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする