入学前と入学後の大学生の友達の作り方

厳しい受験戦争を終え、待っているのは華の大学生活でしょうか?いいえ、違います。正確には、厳しい受験戦争を終え、苛烈な友達作り競争を乗り越えたものだけが、満開の大学生活を送ることができるのです。

友達作りに失敗すると、大学四年間、もしくは六年間を一人ぼっちで、恋人もできず、寂しく過ごすことになってしまうかもしれません。

友達作りはスタートダッシュがものをいいます。大学が始まる前から友人作りは始まっているのです。

大学に入る前、そして直後の大事な時期での友達作りの方法、そして万が一出だしが遅れて現在ぼっちな大学生がどうすれば友達を作ることができるのかについて書いていきます。

大学入学直前の友達の作り方

大学生の友達作りは、入学直前から始まっています。合格した事に浮かれてぼーっとしているとあっという間に置いていかれてしまいます。入学式の時には、すでにみんな知り合いで自分だけぼっちだった、ということにならないように誰よりも早くスタートを切ってください。

Twitterで友達を作る

入学直前は、お互いに話した事がなく、顔も知らない同士です。会ったことがなくてもネットを使えば友達作りができてしまうのです。

LineではIDかQRコードでしか友達を探せませんが、ツイッターは名前やツイートで検索できます。大学名の入った名前や、大学関連のツイートをしている人がいれば簡単に見つける事ができるのです。

ツイッターのアカウントを持っていない人は今すぐ作って、プロフィールの部分に「春から○○大学○○学部」と必ず書いて、今年から自分がどの大学のどの学部に入るのかをアピールしてください。名前は検索してもらえる様に、「《名前》@○春から○○大学」と自分の名前の後に大学名を入れてください。以下に例を載せておきます。

自分の趣味や好きな事を書いておくと、よりあなたの事がわかって友達を作りやすいです。

アカウントを作ったら、ツイッターの検索欄から「○○大学」「春から○○大」「四月から○○大」と検索して、同じく今年から入学する人を見つけてフォローしてください。

また、大学によっては新入生向けの情報を流すアカウントがあるので、「○○大学 ××年度」と検索して以下の様なアカウントを見つけてフォローしてください。

このアカウントをフォローしている人は、新入生である可能性が高いので、フォロワー欄も見て、新入生らしきアカウントを見つけたらフォローしてみてください。

フォローする際に、一言添えると好印象です。

Lineで友達を作る

稀ですが、入学前に既にLineグループができている場合があります。

Lineのグループは誰かに招待されない限り、入る事ができないので、招待されるのをただ待ちましょう。ツイッターで仲良くなった人から招待されるか、同じ大学に行く地元の友達に招待されるかの2パターンです。

招待されたら、簡単に自分の自己紹介をしましょう。

注意点としては、顔が見えなからといって本来の自分とは違うキャラクターを演じてしまわないようにすることです。大学が始まって、Lineとギャップがあると相手は引いてしまいます。

入学直後の友達の作り方

入学直前からスタートをきれなくてもまだ大丈夫です。ツイッターやラインで友達を作るのはごく一部です。

初めて顔を合わせる入学直後が、友達作りにおいて一番大切な時期なのです。

オリエンテーションで友達を作る

大学生活で友達を作る最大のチャンスです。

入学直後で授業が始まる前に、大学生活の説明や履修登録の説明会が開かれます。この時点では、ほとんどの人が初対面で友達を探しています。

話しかけられるのを待たないで、自分から話しかけてください。相手も話しかけられるのを待っているので、遠慮する必要はありません。

自分の隣や前に座っている人、休憩時間に一人でいる人など話しかけやすそうな人を見つけてどんどん積極的に話しかけてください。

話しかけ方は何でもいいです。

「名前なんていうの?」「どの授業とる?」「もう誰かと話した?」

相手のことを知りたいと思えばいくらでも質問が出てきます。軽く挨拶した後、何か質問をして話を広げてみてください。

サークルで友達を作る

オリエンテーションの次のチャンスがサークルです。

総合大学では一学年が多すぎて、同じ人と滅多に顔を合わせることが無いので、授業が始まってからは友達が作りにくいです。

サークルだと、人数が限られていて飲み会などの交流もたくさんあるので、どんなにコミュニケーションが苦手でも自然と友達はできるものです。

面倒臭がらずにたくさんの新歓に顔を出して自分にあった雰囲気のサークルを探してください。

最初は緊張して先輩や同級生となかなか話せなくても大丈夫です。四年間一緒に行動することになるのでそのうち嫌でも話せるようになります。

入学後しばらくしてからの友達の作り方

入学直前や入学後のオリエンテーションで友達を作れず、サークルにも入らなかった人は残念ながら大学内で友達を作るのは難しいです。しかし、大学内ではなく外に目を向ければまだチャンスはあります。

大学生は、中学や高校の時のように学校に縛られていないので、外で活動することが多くなります。大学内だけで閉じこもっているのは非常にもったいないです。

インカレで友達を作る

インカレとは、「Intercollegiate」つまり「大学間の」という意味で、 さまざまな大学に通う多様な学生で構成されているサークルのことを言います。

インカレにくる新入生は、一年生だけでなく二年生や三年生になってから入る人もたくさんいるので、新歓には何年生になっても違和感なく参加できます。むしろ、一年生から参加する人は稀です。

インカレはこのサイトこのサイトで探してみてください。

中には所属大学などで参加が制限されているサークルもあるので注意してください。

バイトで友達を作る

大学生といえばバイトです。

暇な時間が多くあるので、誰とも話さずに家でだらだらと過ごすのは非常に無駄な時間です。

インカレに行くのはハードルが高いという人は、バイトをして人と交流してみてください。

同じ大学には同じような性質の人が集まります。大学では馴染めなかった人は、大学の外に出てみればもしかしたら自分に合う人が見つかるかもしれません。

まとめ

大学で友達を作るタイミングには、入学前、入学直後、入学後暫くしてからの三つがあります。

この中で一番友達を作りやすいのは、入学直後の全員が初対面の時なので、この時に積極的に自分から話しかけてください。

最初に友達ができなかったならば、大学の外に目を向けてみてください。人と関われば関わるほど友達ができるチャンスは増えるので、多様な人と交流してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする