友達と仲良くなる方法。簡単な五つのメソッド

友達とは話すし、遊びに行ったこともあっても

  • 友達となんだか距離を感じる
  • 親友と呼べる人がいない
  • 休日は基本的に予定が入っていない

この三つのうちどれかが当てはまる場合は、上手く友達と仲良くなれていない証拠です。

今回は、友達と今まで以上に距離を縮め、より深い関係を作る方法をお教えします。

友達と仲良くなる方法

友達と距離を感じるという場合、原因の多くはあなた自身にあることが多いです。友達も聖人ではないのであなたのワガママをなんでも聞いてくれる訳ではありません。

ありのままの自分を受け入れて欲しいと思うのはエゴです。美和さんが素敵な名言を残してくれています。

「ありのままの私を受け入れて」
なんていう女はムシがいいのよ。
ありのままのお前がなんぼのもんじゃっていうのよ。
なんの努力もしないで、ずうずうしい。
例えば畑の大根だって、
引き抜いて、泥を落として、皮をむいて、千切りにするなりして、
お皿に盛って、「はい、召し上がれ」って、
それで美味しく受け入れられるんでしょう。
泥だらけの大根を突き出してさあ食えって、失礼だと思わない?

あなたと一緒にいてメリットを感じられないと、友達もあなたと仲良くしようとは思いません。メリットと言っても、お金などではありません。単純にあなたといて楽しいと思わせられれば良いのです。

どうすればあなたといると楽しいと感じさせることができるのでしょうか。

①相手のことを好きになる

そもそもあなたは友達のことを好きですか。

自分が好かれようとする前に、まずは相手のことを好きになりましょう。愛を与えてもらおうとするのではなく、与えましょう。

自分が友達のことを好きだと思えば、あなたの表情、言葉など微細なところで相手はあなたの愛に気がつきます。どんな人であろうと、好かれるのは悪い気はしないものです。必ず相手も好意を返してくれるはずです。

あなたは心のどこかで相手を見下したり、不満を感じたりしていませんか。全ての原因は自分にあるのだと思って、相手の良いところだけを見て、とにかく好きになるよう自分に言い聞かせてください。

②自分の話ばかりしない

友達作りが不器用な人に多いのが、自己中心的で友達と話す時に自分のことばかり話してしまう人です。

自分が今日見た夢の話や、テレビで面白かったところなど、少しくらいなら話題提供にいいですが、ずっと聞かされるとたまったものではありません。自分がしたのと同じ話を、逆に相手から聞かされたらどう感じるか考えてみてください。面白いと絶対の自身があるなら構いません。

ついつい自分の話をしすぎてしまう人は、自分の話:相手の話=3:7くらいにしようと意識してみてください。

相手のことを好きになったならば、自然と相手に質問をしたくなるはずです。相手が答えたらどんどん気になることを聞いて話を膨らませてあげてください。

人に質問されるのは嫌な気はしないものです。

③プライベートな話をする

人は親しくなるとプライベートな話をするようになりますが、逆にプライベートな話をすると、その人のことを仲がいいと錯覚する習性があるのです。

相手からプライベートな話を引き出すにはどうすればいいのでしょうか。

答えは、自分からプライベートな話をすることです。これを自己開示と言います。

自分の家族の話や、少し恥ずかしいこと、ずっと隠してきた秘密などを話してみてください。

あなたから自己開示をすると、相手も心を開いて必ずプライベートな話をしてくれるはずです。

④共に多くの時間を過ごす

友達作りでも恋愛でも使えるテクニックですが、相手と距離を縮めたいのであれば、なるべく長い時間一緒に時を過ごしてください。一緒に過ごす時間が多ければ多いほど、相手への好感度が増すと言われています。

心理学ではこれを「単純接触効果」と呼びます。

テレビで同じ女性タレントを何度も目にしているうちに、だんだん魅力的に見えてくるのと同じです。

一緒にいる時間が長いということは、あなたのことを考える時間も長くなるということです。するとあなたのことを気になっているのだと脳が勘違いしてしまうのです。

長く時間を共にするコツは、自分から相手を遊びに誘い、会話やLineなどのコミュニケーションを欠かさないようにすることです。

ただし、しつこすぎると逆に引かれてしまうので、適度な距離感が必要です。目安としては、相手が返してくる頻度×1.5倍くらいがベストです。

⑤他にも交友関係を広げる

最後に大切なポイントは、仲良くなりたい人以外ともコミュニケーションを取り、交友関係を広げることです。

一人の人間に固執すると、固執される側としては重くて逃げたくなります。

また、同じ人としか話さない人は、視野が狭くて話していてつまらないと感じてしまいます。

自分の知らない話や考え方を持っている人と一緒にいるのは、大きなメリットになるので仲良くしようと思います。

自分が普段所属しているグループ以外の人とも積極的にコミュニケーションをはかるようにしてください。リアルの場でもネットでもどちらでもいいので出会いを増やしてください。

まとめ

友達と仲良くなるためには、相手にメリットを感じさせてあげなければなりません。

メリットを感じさせる方法は、

  1. 自分ばかり愛されようとするのではなく、相手のことをまず好きになる
  2. 自分の話:相手の話=3:7で相手に多く話をさせてあげる
  3. 自分からプライベートな話を初めて、相手に心を開かせる
  4. コミュニケーションを欠かさないようにし、共に多くの時間を過ごす
  5. 仲良くなりたい人以外にも交友関係をたくさん持ち、視野を広げる

の五つがポイントです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする