友達が少ないと悩む人へ。悩まなくて良い理由

友達が少ないという悩みを持つ人は、どうして悩むのでしょうか。友達が少なくて寂しいから、友達がいないのは悪いことだと思うから、本当の自分を出せなくてもどかしいから…

様々な理由があると思います。

理由は何にせよ、あなたは心のどこかで友達が少ない自分を責めているはずです。

しかし、友達が少ない自分を責めることこそが、あなたを悩みの負の連鎖に陥らせているのです。

あなたは友達が少ないことで悩み、自責の念に囚われる必要はありません。

友達が少ないことを悩まなくていい理由

友達の少なさを悪いことだと考えているのなら、それは全くの的外れな考え方と言えます。

友の数で人の優劣は決まらない

世間は友達が多ければ多い方がいいと言います。友達が少ないのは人間性に問題があるからだと責め立てます。

友達が多い方がいいと言うのは、友達が多い方が様々なチャンスに巡り会えるからです。遊びに誘われるチャンス、仕事を紹介されるチャンス…

チャンスが多い方が、将来成功する確率が上がるのは間違いないです。

しかし、友達が少なくても成功した人はたくさんいます。

例えば、俳優の小栗旬さんは、中学時代、机の中にゴミを入れられたり、自分の私物に止まらず、机や椅子まで捨てられていたことがあったそうです。そのため登校拒否となり、卒業式にも出られなかったそうです。

例えば、タレントのマツコ・デラックスさんは、周りと合わず、学校の雰囲気が嫌になったため不登校になったそうです。

例えば、レンタルサーバー「ロリポップ!」を提供しているペパボことpaperboy&co.の社長である家入一真さんは、高校の1~2年、友達がいなくて引きこもりの時代が続いたそうです。

友達がいないということは、周りと違う尖った独自性があるということです。周りと合わないことは悪いことではなく、誇りに思うべきことなのです。

友達が多い人を羨ましく思うのは、結局隣の芝が青く見えているだけで、いくら友達を増やしても、さらに友達が多い人を羨ましく思うだけです。

大切なのは親友の数

広く浅い関係よりも、狭く深い関係の方があなたの人生を豊かにします。

いくら友達が多くても、本当に困った時に助けてくれる親友や、どんな悩みでも相談できる親友がいないと、歳を取るたびに寂しさが増していくのです。

浅い関係の友達は、場所や環境が変わって合わなくなると、自然と関係性は消えていきます。

作るべきは、一生付き合える一人の親友なのです。

これからあなたがすべきこと

友達が少ないことを悩む必要はありません。悩む前にあなたがすべきことがあります。

自分を好きになる

友達が少ないあなたは、周りとは違う何かを持っている、何かが見えているということです。

多くの人が、友達をある程度持っているのは間違いないです。それが「普通」です。

「普通」でないあなたは、あなたしか生み出せないオリジナリティがきっとあります。これは一つの才能です。

無理に友達を作ろうとするのではなく、まずは周りとは違う自分を好きになってください。

一人の友達を大事にする

大切なのは一人の親友を作ることだと言いました。

親友を作るには、今あなたが話せる友達を大事にしてください。

友達が一人もいない場合は、これから話す人一人一人を大切にしてください。

あなたが人を大切にしようという思いは、相手にも伝わり、相手もいつか思いを返してくれるはずです。

好きなことをみつける

周りと違う独自性を持つあなたの才能を活かす場所が必ずあります。

寂しさはバネになります。

自分が打ち込めることを探して、追求してください。

そのうち、同士が見つかり、友達も自然とできるようになります。

まとめ

友達が少ないことを悩む必要はありません。

友達が少なくても成功し、人生を楽しんでいる人がたくさんいます。

周りに馴染めないことは美点です。人とは違う才能が眠っています。

あなたの才能を活かせる場所を探して、好きなことで語り合える一生の親友を見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする