あなたに友達ができない7つの原因

友達の多寡で人の優劣はつけられません。友達が少なくても、人間的に素晴らしい人はたくさんいますし、社会的に成功した人もいます。

しかし、あなたが友達を作ろうとしているのに友達ができなかったり、もともとたくさんいたのに今は減ってしまったのならば、あなた自身に原因があるのかもしれません。

以下に友達が少ない人に典型的な原因を7つ挙げます。

友達ができない7つの原因

友達が少なくて本当に悩んでいるのであれば、さらっと読み飛ばさないで、自分に少しでも当てはまるところはないか厳しく見つめ直してください。

①ネガティブな発言が多い

  • 「どうせ、」
  • 「無理」
  • 「いや、」
  • 「でも、」

こういった言葉をあなたは口癖のように発していませんか。なんでも否定されると話していても面白くないので人は離れていきます。

他にも人の悪口や、不快に思ったことなどを話題にしていませんか。暗い話題は話す方は憂さ晴らしになっても、聞いている方は気分が落ちていくので楽しいものではないのです。

自分の性格だから仕方ないと言うのは甘えです。暗い性格だから暗い話題をしてしまうのではなく、暗い話題ばかりするから暗い性格になるのです。明るい話題を意識的に話すようにすれば、自然と性格も明るくなっていきます。

②自己中心的

自分中心で相手のことを思いやれない人は、総じて会話が下手です。

自分の話ばかりして、相手がつまらなさそうな顔をしていても気がつきません。

友達が減っていっても、自分ではなく相手に原因を探そうとします。

自己中心的な性格の治し方は、自分が自己中だと意識して徐々に治していくしかありません。相手がどう感じているか、何を考えているかを常に意識するようにしてください。

③理想が高い

理想が高い人は、友達を選ぼうとします。

自分はもっと素晴らしい人間と付き合えるはずだと考えます。

残念ながら、人を比較している時点でその人は人間的に問題があります。人間性がダメな人の元には誰も寄り付きません。

④愛がない

友達と損得勘定で接している人は、人に対する愛がありません。

誰かに愛されたいのであれば、自分から人を愛する必要があります。

愛はタダでいくらでも配れます。

人のいいところだけを見て、無条件に信じるくらいの心の広さを持ちましょう。

⑤嫉妬深い

人を愛することが大事だと先ほど書きましたが、逆に人を愛しすぎると、重くなってしまいます。

友達を自分だけのものにしようとして拘束すると、友達は窮屈な関係に耐えきれなくなって去っていきます。

嫉妬深さの原因は、自分への自信の無さから来ています。

どんな小さなことでもいいので、自分のいいところをみつけて、悪いところには目をつぶってください。人はいいところもわるいところも両方持っているものです。自信がある人は、自分のいいところだけに目を向けているのです。

⑥出会いが少ない

ここからは実践的な話になります。

友達が少ないと嘆く以前に、そもそも人との接触が少ないのではないでしょうか。

ずっと同じ環境にいると、友人関係は固定されて広がらなくなります。

いつもいる環境の外に目を向けてください。

⑦自分から話しかけない

出会いを増やしても、自分から話しかけなければ意味がありません。

人に話しかけるのは最初はすごく緊張します。

しかし、何度も話しかけていると、話しかける楽しみの方が上回って必ず慣れてきます。

最初は上手くいかないでしょうが、めげずに話しかけ続けてください。

まとめ

友達ができない7つの原因は、

  1. 否定語や悪口などのネガティブな発言が多い
  2. 自己中心的で相手を思いやれない
  3. 理想が高くて友達を選ぼうとする
  4. 人を愛していない
  5. 人を愛しすぎて嫉妬深い
  6. そもそも人との出会いが無い
  7. 自分から話しかけない

です。

ちなみに、ご覧いただいている当ブログ「友達を作るには」ではぼっちだった筆者自身の体験を元にした友達を作る方法を公開しています。ぜひあわせてご参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする