コミュ障で誰にも相手にされなかった私が、1ヶ月で会話の苦手を完全に克服して、多くの人に好かれるようになった方法

初めまして。

コミュニケーション科学専門家で

会話コンサルタントの小寺優子と申します。

あなたは現在このような悩みはありませんか?

「同性や異性との会話が続かず、気まずい」

「うまく共感ができず、会話が盛り上がらない

「面白い会話ができず、つまらない人間だと思われるのが怖い」

「複数人との会話になると喋れなくなって、寂しさを感じている」

「会話するのが苦手で、人と話すのが苦痛である」

会話への苦手意識は多岐に渡ります。

二人の会話が苦手な人もいれば、

大勢との会話が苦手な人もいる。

会話自体は楽しい人もいれば、

会話することすら面倒で辛いと感じる人もいる。

このページは、どんな会話の悩みであれ

解決策をみつけるにあたって

きっとお役にたてます。

会話が苦手なのは性格の問題ではなく、

正しい解決策を提示して鍛えれば、

ほんの数ヶ月で劇的に変わります。

解決策の前に少し私の話をさせてください。

コミュ障で誰にも相手にされなかった私が、1ヶ月で会話の苦手を完全に克服して、多くの人に好かれるようになった方法

会話が苦手で損ばかりした大学時代

私は今でこそ会話コンサルタントとして

多くの人を救っていますが、

もともとは会話が苦手で、

1対1でも頭がパニック状態になるほどでした。

大学まで友達もほとんどおらず、

それでもいいかと考えていたのですが、

転機となったのは大学生のゼミでの出来事です。

私はゼミの先輩で好きな男性がいました。

その先輩はあまりモテるようなタイプではなく、

私を食事に誘ったり、人づてに彼氏の有無を聞いてきたりと

私に気があるんだと安心していました。

しかし、そのゼミに後輩が入ってきて

状況は一変しました。

ある後輩も私が好きだった人を

好きになってしまったのです。

その後輩は気が利き明るく朗らかで、

誰からも好かれるタイプです。

それに対して私は社交的でなく、

せっかく好きな人が話しかけてくれても

緊張して無愛想に振舞ってしまうことしかできませんでした。

後輩は恋愛にも積極的で、会話も楽しいので

先輩はどんどん後輩に惹かれて

最終的には付き合ってしまいました。

彼女は周囲も見方につけていたので、

誰も私に気を使ってくれる人はいませんでした。

なかなか会話の苦手を克服できない暗黒時代

会話が苦手なだけで私は多くの損をしてきました。

好きな人をとられただけではありません。

仕事でも、私より成果を出していないのに

会話が面白くて愛されキャラというだけで

重要な仕事を任された人もいました。

コミュニケーションができないと

どんどん損をしていくんだ。

逆にコミュニケーションさえうまければ

大抵のことは上手くいくのではないかと思って

私は会話の苦手をどんな手を使っても克服しようと考えました。

初めは会話の本を読み漁って、

次はセミナーにいったり、

数十万円の講座や教材を買ったりしました。

しかし、ほとんどが

聞き上手になるだとか、

相手に興味をもつだとか、

それができたら苦労しないよ!という

精神論ばかりでした。

幻の書籍との出会い

セミナーや教材で多くのお金を無駄にした私ですが、

唯一運が良かったのは、最後の最後に

私の人生を変えることになった本に出会えたことです。

その書籍は、会話における悩みの全てを網羅しており、

それぞれに関して原因と具体的な解決策を提示していたことです。

自分に足りなかったのは、

会話の苦手を克服するための

具体的な方法でした。

毎日少しずつ実践をしていると

明らかに相手から話しかけられる頻度があがりました。

明らかに笑いの数が増えました。

それに伴い、私自身も会話が楽しくなり、

積極的に自分から話さずにはいられなくなったのです。

よく、会話を楽しめば自ずと会話が得意になるという本がありますが、

全くの逆で、会話さえ得意になれば、自然と話すことは楽しくなります。

1ヶ月ほど経った頃、私は自分が会話の中心にいることが多くなり、

念願だった彼氏も作ることができました。

私は自分の変化を自慢したいわけではなく、

私のような暗いコミュ障でもここまで変われたのですから、

今会話で悩んでいるあなたはもっと簡単に変われると思うのです。

会話の苦手を克服する方法

その書籍は今では配布が限られているため、

会話を克服するために必要なポイントを

3つ厳選して提示します。

①話し上手は聞き上手ではない!

会話の本や教材で

「話し上手は聞き上手」

「相手からうまく話を引き出せ」

とよく書いてありますが、

この考え方こそが会話下手にさせる原因です。

聞き上手になるためのテクニックが多いのは、

そもそもの発祥がセラピストの技術だからです。

しゃべる気はある患者に対して、

それをどうやってうまく引き出すか?

そのためのテクニックでNLPとも呼ばれます。

そもそも相手がしゃべる気がある事を、

前提に作られたNLPを使っても

うまくいかないのは当然なのです。

②まずは自己中心的になる

意外かもしれませんが、

最初の会話でもっとも大切なことは、

「自己中心的にあなたのことを話すこと」

なのです。

自己中心的に自分のことを話して、

あなたがどういう人間なのか?

を上手につたえて

相手の警戒心を外してあげることが必要です。

多くの人が初対面で人と会話が続かなかったり、

仲良くなれないのは、

聞き上手になろうとしすぎて、

自分のことが相手に伝わっていないことが原因です。

③自分の会話の悩みを細かく分析する

①と②は会話で多くの人が躓くポイントでしたが、

会話は複雑なものなので、人によって悩みが様々です。

漠然と会話を上達させたい、ではなく、

今の自分に何が足りないのかを分析し、

足りないところを埋める「具体的な」方法を

探してください。

多くの書籍やセミナーでは

ぼんやりとした精神論しか伝えていません。

やはり一番オススメは私が実践した書籍なので

最後にご紹介します。

私の人生を一ヶ月で変えた電子書籍

ここまで、3つの会話上達のポイントを説明しました。

それぞれのポイントを満たす書籍は

バラバラにあるのですが、

やはり①から③の全てを満たすのは

一つしか見たことがありません。

特に、③に関して、

会話のあらゆる悩みに関して

具体的な解決策が載っていることが良いです。

  • ユーモアセンスとアイデア力をつける方法
  • 失敗する恐怖を乗り越える方法
  • 異性の前で緊張しない方法
  • 嫌でも自信が身につく方法
  • 自動的に話題が頭に浮かんでくる特別な発想法
  • 自然に会話が膨らんでいく興味深い6つの質問
  • 相手の話したいという欲望をかき立てるBTの法則
  • 怒りをぶつけても、ケンカにならない方法
  • 当たり障りのない会話にならない3回に1回の法則
  • 沈黙を打破する3つの実践テクニック
  • 勝手に人に好かれるようになる話題
  • あなた自身が心から会話を楽しめるようになる方法
  • 自宅で出来る!話題を17倍に増やすトレーニング法
  • 最低でも会話が2時間以上続くようになる会話の進め方
  • 永久に話題を生み出し続ける3つの秘訣
  • 話題が思いつかない真の原因
  • 初対面の人と27分で親友になる方法
  • 相手があなたの話にびっくりするほど、食いついてくる初対面で超有効な話題
  • 2%で好印象に思われる話題とその話の進め方
  • 2%で好印象に思われる話題とその話の進め方
  • 相手に本音をしゃべらせる方法
  • 話しやすい人になる方法
  • 話題がいらなくなる会話術
  • 居心地良い関係を意図的に作り出す方法
  • 相手を楽しませるための3つのルール
  • 明るいキャラクターに変身できる自宅でできるトレーニング法
  • 相手が落ち込んでいても、あなたといるとなぜか元気になるトリック
  • 芸人が密かに実践している。楽しいキャラクターと普段の自分を使い分ける方法
  • 笑いを起こすためのメカニズム
  • 人の輪に入れない本当の理

挙げだしたらキリがありません。

非常にオススメなのですが、

公開は限定されているので購入できた人は

ラッキーという状況です。

公式サイトは下に載せますが、

もし購入できず、

他の本や教材を探すときは

必ず上で述べたポイントを

満たしているものを選んでください。

配布終了まで  残り7名

※残り人数表の表示がない場合は配布終了しています。

私の他にも

人生が変わった人はたくさんいるようです。

最後に

私はずっと会話に悩まされ続けました。

他の人は楽しそうに会話をして、

難なくこなしているのに、

私だけうまくいかなかいのがずっと苦しかったです。

私は多くのお金を無駄にしたかもしれません。

それでも、わかったことは、

同じように会話で悩む人はたくさんいるということです。

そして、私のように

長年悩まされていたものが

ほんの一ヶ月ちょっとで嘘のように克服できるのです。

もし、今あなたが人と話すことで苦痛を感じているのなら、

性格の問題だと諦めないでください。

私のような人間でも変われたのです。

もし何かわからないことがあれば、

遠慮なくお問い合わせください。

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする